MENU

カードローンの落とし穴

カードローンを利用する際に最も気を付けたいことはとにかく延滞をしないことでしょう。延滞を一回でもしてしまうと事故扱いとなってしまいます。事故を起こしたことは情報機関に記録されてその記録は数年間残ることになってしまいます。

 

そうなってくると、もし他の業者で借り入れを受けたいと思った場合に審査に通らなくなってしまったり、現在借りている業者からも今借り入れている額以上の額の借り入れを受けることが不可能になってしまいます。今回の借り換えを考えている時にもそれが支障をきたして借り換えることが不可能になってしまう事も少なくはありません。

 

しかし、いつ何時返済が難しくなるかは分かりません。ですから、カードローンを借りていてもしその月の返済が困難だということが返済日よりも少しでも速く発覚したのなら早めに借り入れを受けている業者に連絡してどうしても返済が難しいことを伝えるようにしましょう。カードローンで借入を埋めるにしても銀行カードローンの即日融資は不可能なところが多いですから厳しいです。

 

初めてであるのなら業者側もなんとかちゃんと返済してもらいたいですから、親身になって返済ができるようにプランの変更を提案してくれたり、

 

 

助け舟を出してくれる可能性は高いです。


また、どうしてもこれ以上の返済が困難になってしまった場合には個人再生や自己破産などの手段をとって、返済を楽にしたり、借金から逃れるという手段を取るようになるという人もいるでしょうが、それも勿論事故扱いですからペナルティーが多く課せられます。

 

借り入れが困難になることは勿論ですが、職業制限もあります。こういったことにならないためにも、カードローンの利用は計画的にしましょう。